FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2019年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009'01.08 (Thu)

流産の場合は・・・。

病院St.Mary's Hospital からもらったパンフレット
「完全流産を経験している女性」を再び読んでいます。
未来志向が基本だけど、振り返りも必要だもの。でしょ

予想される事柄は、大きく3つあって
おでん君 「出血」「痛み」「様々な感情」とありました。


<出血>
・人によって様々
・1-2週間出血があるかもしれないし、全然ない人もいる
・鮮血の場合もあるし、茶色い場合もある。なんだかよく分からない小さい塊が出てくることもある
・流産の3-6週間後に生じる次の生理は通常よりも重いかもしれません

<痛み>
・1-2週間生理痛のような痛みがあるかもしれない
・休息をとり、もし必要ならば痛み止めを内服する
・白湯によって痛みが和らいだという人もいるようです

<様々な感情>
・人それぞれなので、感じ方は様々
・数週間に「完全に元に戻った」と感じる人もいますし、「悲しみ」や「喪失感」を経験する人もいます
・これら全ての感情は自然なことですが、身近な人との会話が助けになると思うかもしれないです
  
  引用:St.Mary's Hospitalの婦人科ユニットで配布しているパンフレット
  翻訳:ロビン(ことり。)


このパンフレットの中に書いていることの9割は実際に体験しました。
まだ経験していないのは月経 きのこ
まだこないんだけど。
今度のは、通常時よりも量が多いのかな???
それとも生理痛が重いのかな?

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ  にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 健康生活:病気・治療法 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

21:06  |  流産  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年01月11日(日) 02:56 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://manchester1824.blog75.fc2.com/tb.php/23-5bd3da6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |